サブスクリプション

ユーザーにサブスク疲れ?生き残るためのポイントとは?

サブスクリプション市場は、年々拡大化し、音楽配信や動画配信から家具や車などあらゆるジャンルのサービスが提供されています。

この状況は、ユーザーにとってメリットではありますが、選択肢が増えすぎたため、中には、サブスクリプションに疲れてしまっているユーザーも出てきているようです。

そこで今回の記事では、サブスク疲れについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスク市場の現状

サブスクリプション市場は、近年著しく成長を遂げており、今後もその成長は続くと予想されています。

拡大化した市場では、代表的なサブスクリプションである音楽配信や動画配信から、車、家具、、アパレル、おもちゃ、お菓子などあるとあらゆるジャンルのサービスが提供されています。

そのため、ユーザーは多くの選択肢の中から、好みのサービスを選択することが可能となっている訳ですが、サービスの種類が多すぎて、サブスクリプションに疲れているユーザーも出てきているようです。

このユーザーがサブスクリプションに疲れている状態は、サブスク疲れと呼ばれ注目を集めています。

具体的にどのような状態かと言うと、様々なサブスクサービスが提供されていることから、何種類ものサブスクサービスを契約してしまい、使いきれずに解約してしまうと言ったケースを指しています。

そもそも、サブスクがこれほど普及した要因は、従来のビジネスではモノが売れなくなってきたこと、モノを所有するのではなく、利用することに消費者の嗜好が変化していることが挙げられます。

現在の日本では、技術が進化し、商品の性能や品質に差がなくなってきています。

すなわち、どのような商品でも、それなりの質を保っており、手ごろな価格で、問題のない商品を購入することができるのです。

そして、そのような商品は市場にあふれており、消費者はいつでもそれらを購入することができます。

このような状況において、多くの商品の中から商品を選択することに疲れてしまう消費者が増え、モノが売れなくなってきているのです。

そこで、登場してきたのが、サブスクと言う一見目新しいサービスであり、商品を選び、購入することに疲れていた消費者がこれに飛びついたのです。

それにもかかわらず、今度はそのサブスクにおいても、サービスが過剰に提供され、市場にはサブスクサービスと呼ばれるモノがあふれているのです。

そして、また、消費者はそのサービスを選択し、利用することに疲れてきているのです。

いくら多くのサブスクサービスが提供されていても、一人のユーザーが利用できるサービスは限られています。

時間的に何種類ものサービスを利用する余裕がないケースもありますし、サブスクに使える予算にも限界があるのです。

そのため、お得だからと何種類ものサービスを契約しても、予算を超えてしまったり、使い切れずに解約することになったりしてしまうのです。

サブスク疲れが起こる中で生き残るためには?

このようにユーザーにサブスク疲れが出てきている現状であっても、サブスクがこれほど流行っている以上、サブスクに参入する企業は今後も増えていきます。

このような状況の中で、サブスク事業を成功させるために重要となるのは、サブスクに疲れたユーザーにも選んでもらえる、また、顧客となってくれたユーザーに逃げられないようなサービスを提供することです。

サブスクは一般的に、普通に購入するよりもお得なサービスと捉えられています。

従って、ユーザーの多くは、よりお得なサービスを求めて様々な種類の中から選択しているのです。

しかし、市場に出回っているサブスクサービスの全てがお得なわけではありません。

また、あるユーザーにとってはお得な場合でも、他のユーザーにと取ってはさほどお得ではない場合もあるのです。

つまり、サブスクは誰にでも平等にお得なサービスではないということになります。

従って、ユーザーそれぞれが、自身のライフスタイルや経済的な側面を鑑みて、自身に合うサブスクを見極めることが必要なのです。

これは、反対から言えば、サービスを提供する側も、闇雲に顧客を集めるのではなく、サービスのメリット・デメリットを提示し、自社のサービスがどのようなユーザーに適しているのかを明示する必要があるということです。

そのユーザーに適さないサービスであるにもかかわらず、顧客となってもらったとしても、初めから適していないわけですから、すぐに解約されてしまうことになります。

これは、離脱率を高くするだけであり、企業側にとっても何のメリットもありません。

サブスクは継続してもらうことを目的としているのですから、前述のように、どのようなユーザーに適しているのかを明示し、継続率を高くするためのユーザーを獲得することが重要なのです。

ユーザー自身に適したサービスであれば、サブスクのメリットを最大限に活かすことができますので、サブスク疲れも回避することが可能であり、継続率を高める事もできるのです。

まとめ

現在のサブスク市場には、様々な種類のサービスが溢れています。

そして、それらのサービスのすべてが、ユーザーに平等にお得なわけではないのです。

それを理解せず、ただお得だからとサービスを闇雲に利用することによって、サブスク疲れは起こるのです。

これを防ぐためには、ユーザー自身が適切なサービスを選択するということが必要ですが、企業側もユーザーに対して、提供しているサービスがどのようなユーザーに適しているのかを明示する必要があります。

これにより、ユーザーが必要でないサービスを選択することはなくなりますし、企業側も継続する可能性の高いユーザーだけを獲得することができるのです。

サブスクは、継続して利用してもらうことで、ユーザーとの関係性を深めていくビジネスなのですから、ユーザーを獲得する時点で、企業側もユーザーを選択することが重要となるのです。

まずは気軽に問合せ