単品リピート通販

単品リピート通販業界でよく聞かれるPDCAとは?

この記事では、ネット広告を運用する際に必ず必要なPDCAについてご紹介しています。

とは言っても今回ご紹介する「PDCA」は、実はネット業界に限らず企業はもちろん個人で利益を上げるためには必要不可欠な作業です。

よく「PDCAを回すように。」と言われることも多いですし、PDCAがきちんと出来ていれば必ず収益や利益は上がると言われています。

逆に収益や利益が上がらない場合は、PDCAのいずれかに問題があるとも言えます。

特にネット広告を運用するなら、目の前の見えないユーザーを相手にするのでPDCAは知っておいて損はありません。

今回は、そんなPDCAの意味や活用方法などを詳しくご紹介していきたいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

そもそもPDCAとは?

「PDCA」は「Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)」の頭文字を合わせた略語になります。

つまり、「計画を立てて実行し実行した事に対して、どのような評価や結果が得られたかを元に次の実行に向けて改善するための方法を更に計画していく」というサイクルを作り上げ運営や営業をして、業務の効率化を目指す方法の1つです。

P:Plan(計画)

効率化を目指すために必要なことが、まず計画を立てることになります。

例えば、いくらの予算を使ってネット広告を運用するかや現段階でいくらの利益を上げたいのかと言った、いわゆる目標を達成するためにどのような過程が必要かなどの目途や計画を立てます。

Plan(計画)が曖昧だと、次の「Do(実行)」や「Check(評価)」などを行う際に支障で出てしまい、とても効率的とは言えません。

ですので、まずどのようにしたいか、何をしたいかと言った計画を立てることが大切になります。

D:Do(実行)

Plan(計画)が出来たら、早速「Do(実行)」します。

ここで大切なのは、計画通りに実行することです。

そして、次の「Check(評価)・Action(改善)」が出来るようにどのように実行したかを記録したり残しておくことも非常に大切になります。

ですので、実際に計画通りにネット広告を運用してみて、どのような推移を辿ったかを記録しておく必要があります。

C:Check(評価)

Check(評価)は、文字通り計画通りに進んでいるか、また実行した後にどのような結果になったかを分析します。

例えば、ネット広告を運用するにあたり予算を決めて実行してみたが、計画通りに行かなかったします。

計画通りに行かなかった(結果)としたら、

なぜ、計画通りに行かなかったのか?
原因は何か?

と言った点を分析していきます。

A:Action(改善)

Check(評価)で、なぜ計画通りに行かなかったのか・原因が何なのかを理解したら、どのように改善すれば良いかを考えると思います。

例えば、今まで通りの予算で継続してみるか・違うネット広告を利用してみるなど様々な改善案や新たなアイディアを考えて、再びPlan(計画)に練りこみます。

このようにして、徐々に改善していく工程を踏むことにより、ネット広告で収益を上げるために効率良く運用していくことが出来るようになります。

ですので、「PDCA」を行うことはとても大切なのです。

PDCAが失敗する原因とは?

実は、せっかく「PDCA」を導入してみても、なかなか成果が得られないという話もよく聞きます。

なかなか成果が得られない原因として考えられるのが、

「PDCA」を数回しか実行していない
「PDCA」のいずれかの工程が抜けている
計画倒れをしている

のいずれかの原因があるケースが多いです。

まず、PDCAを数回実行した程度では失敗というよりも、経験不足と言った方が正しいと思います。

日々状況が変わるネット業界なら尚更、何回もPDCAを回してみて様々な方法を試してみて結果を元にどんどん改善していかなければ、付いていけなくなると思います。

逆にたった数回で結果が出る程、ネット広告運用は甘くありません。

また、PDCAのいずれかの工程が抜けてしまっても意味がありません。

PDCAの中でよく抜けがちなのが、「Check(評価)・Action(改善)」です。

原因が分からないままだと改善のしようもありませんし、的外れな改善を行ったところで正しい結果が得られることはありません。

しかし、原因が分からなかったり、改善策が見つからなくても何回もPDCAをくり返していくことで、実績やデータは記録出来るので、実績やデータを元に改善策を編み出すことも可能だと思います。

ですので、先に説明したように効率的にネット広告を運用したいのであれば、何回もPDCAを回していくことが最も最短の利益を上げる方法だと思います。

まとめ

今回は、ネット広告を運用するにあたり必要なPDCAについてご紹介してきました。

ネット広告運用は、ローリスクで始めることが出来るため敷居が低く、参入者が多いビジネスでもあります。
しかし、ローリスクで始めることが出来るからと言って、すぐに結果や利益を求めていては必ずどこかで挫折します。

ですので、PDCAを何回も回して様々な方法を実行し経験を積んでいく必要があります。

長い目で見ながらいずれ結果が出ることを信じて、PDCAを実践していくことが最も最短で収益を上げることに繋がると思います。

まずは気軽に問合せ