単品リピート通販

単品リピート通販でSNS運用活用を行う目的と、SNSの使い分け

今、日本国内はもちろん、世界的に見ても、SNSは非常に普及している時代になりました。

人と人との繋がるを広げていくことを目的とし、スマートフォン社会の発展とネット通信インフラの発展と共に、大きく普及したので、SNSの愛用者が世界中にいますよね。

SNSを利用することで、個人が情報を大きく発信することができたり、知らない人と共通の趣味を共有することが出来ますし、好きなもので繋がることもできます。

そのようなSNSの特性を活かして、商品やサービス販売を行う企業が宣伝やマーケティングに活かすために、SNSを運用する働きも多くなってきました。

Facebookの「いいね」、Twitterの「リツイート」といった、ユーザーの共感を示す機能や、Instagramの「ハッシュタグ」で情報を集中拡散させる機能などが用いられ、企業から発信するだけの情報だけでなく、ユーザーからの情報発信もあるので、膨大広告
や大げさな表現などはなく、ユーザーにとって透明性がある信頼性のある情報を得ることができるのです。

そこで今回は、企業がSNS運用を行う目的と、SNSの使い分けについて詳しくお話させていただきたいと思います。

今Web担当をされている方や、数あるSNSをどのように利用すれば有効的に活用できるのかとお悩みの方は、ぜひこの記事を参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

SNS運用を行う目的

企業が取り扱う商品やサービスに関するSNS運用を行う場合には、その目的を明確にする必要があります。

企業がSNSを活用する目的としては、「企業全体のブランディング」「広報活動」「キャンペーン利用」「サイト流入増加」「顧客サポート」が多いかと思います。

今非常に愛用者が多いSNSを利用することで、多くのユーザーに共感や信頼を得ることで、ブランドに対するイメージを向上させたり、認知度のアップを図ることができます。

従来の広告配信となるテレビや雑誌、Webとは少し違い、ユーザーが主体となりますので、SNSで発信する情報はユーザーが目線のものであることが非常に重要となるでしょう。

もちろん、SNSを利用することで「営業上の効果が見えにくい」「担当者の技術が必要」といった課題が付き物なのですが、ユーザーに共感を得られるような情報を発信することをポイントとし重点を置くことで、知名度が低いブランドであっても十分にブランドファンを獲得することができ、集客に結び付けることができるのです。

既存の広告とはコストも大きく違い、はるかに安いコストで広告展開をすることで、広告予算が少ない企業でも運用方法によって十分な広告効果を期待することができるのです。

SNSの使い分け

数あるSNSはそれぞれに特徴的な機能があり、独自性があるので、それらを把握し、目的に合った広告配信をする必要があります。

大きく二つに分けた投稿形式をご紹介いたします。

・投稿形式
まず投稿形式についてお話していきます。

SNSの投稿形式は、「テキスト」「画像」「動画」が主なものとなっています。

Facebook(テキスト+画像)
Twitter(テキスト+画像)
Instagram(画像・動画+テキスト)
Ypuyube(動画+テキスト)

というように、セット投稿として組み合わせて投稿されることがあります。

それぞれとして考えてみると、テキストとして文章を読むことで得られる情報量、そして写真から得られる情報量、さらに動画から得られる情報量には大きな違いがあります。

その情報量の違いがポイントとなります。

ブランディングや集客において、どのような形で商品やサービスの宣伝を行うのか、どのような表現をするのか、ということを考慮していきましょう。

ターゲットとするユーザーの年齢層が多いSNSを利用することはもちろんですし、ユーザーの第一アクションとしてどのようなイメージを持ってもらいたいのか、ということを、SNS選定のキーワードにしてみてくださいね。

・リンク投稿
企業がSNSを利用して商品やサービスの宣伝を行った場合、ユーザーにアクションを起こさせるために、Webサイトへの誘導を目的とするでしょう。

リンクを設定し、Webサイトへ誘導する場合、「Facebook」と「Twitter」を利用すると、親和性が高いです。

Instagramへリンク投稿する場合、プロフィールに一カ所のみの挿入が可能ですが、通常投稿時にはリンクの挿入をすることができません。

そして、Youtubeであれば動画の説明テキストにリンクを挿入することが出来ますが、動画でのコンテンツがメインですのでWebサイトへ誘導することを目的とするには少し難しいでしょう。

このような「リンク投稿」を目的とすると、自社が目的とするSNSの使い分けを見極めていくことができるでしょう。

まとめ

以上、SNS運用を行う目的と、SNSの使い分けについてお話させていただきました。

さまざまな目的と、さまざまな使い分けがあるかと思いますが、それをしっかりと定めていくことこそ、SNS運用を効果的にするのです。

ブランディングが目的であれば、「Facebook」「Instagram」「Youtube」。

Web集客が目的であれば、「Facebook」「Twitter」。

このように、自社の目的に最適なSNSを利用して、広告効果を上げてくださいね。

まずは気軽に問合せ