D2C

D2Cビジネスと動画広告の関係性

2010年頃アメリカで登場した「D2C」ビジネスモデル。

メーカーやブランドが自ら商品の企画や製造を行い、流通業者を介すことなく自社ECチャネルで直接顧客に商品を販売するビジネスモデルです。

特にアパレル業界や美容業界から注目されており、ECビジネス業界では今最も話題にあがるビジネスモデルでしょう。

D2Cビジネスはスタートアップ企業が多く採用する場合がありますので、いかにして自社ブランドの知名度を上げるかということが重要なポイントになってくるでしょう。

特に今、第5世代移動通信システムである5Gの商用利用に注目が集まっていますよね。

5Gは通信速度の速さこそ最大の特徴であり、かつ回線は上限のないプランが主流になりつつあるので、今後はさらに多くの人が5G回線によって動画を視聴することが予想されています。

このような状況であるからこそ、今動画広告に集客効果を期待されていることをご存知でしょうか。

そこで今回は、D2Cビジネスと動画広告の関係性について、詳しくお話させていただきたいと思います。

D2Cビジネスを展開するブランドは動画広告を活用する場合が多くなりますので、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

D2Cと動画広告

D2Cビジネスとは、消費者に対して直接商品を販売する仕組みですよね。

ブランドが商品を作って消費者に直接販売するからこそ、ユーザーニーズを収集しやすいのです。

そしてこの仕組みは、ブランドもユーザーに対しビジョンや世界観、ブランド思想を伝えやすくなっています。

だからこそユーザーに動画広告で短時間で多くの情報を伝えることができるので、ブランドビジョンや世界観、思想を的確に表現し想像させることこそD2Cと動画広告の相乗効果なのでしょう。

動画広告戦略の設計

いざ動画広告の制作を始めようと思っても、何から手を付ければ良いのか分からないという方も多いかと思います。

動画広告の制作には、世界最大の動画配信プラットフォームである「Youtube」を運営するGoogleが開発したフレームワーク、「3H」が必要です。

3Hとは、「HERO」「HUB」「HELP」の3つのの頭文字を取った言葉です。

HEROとは、多くの人が持っている普遍的な欲求を刺激し、まずは興味を持ってもらうための動画であり、幅広いターゲットに向けて配信します。

そしてHUBとは、商品そのものが持つ世界観や価値を伝えることを目的とした動画であり、よりセグメント分けされたターゲットユーザーが身近に感じる世界観や価値観を意識したものです。

そしてHELPとは、その商品の実際の使い方や利用者の声などの説明的な内容の動画であり、消費者の顕在化したニーズに応えるものです。

この3Hに自社商品を当てはめどのようにすればより魅力的に、かつユーザーの心に訴求することができるのかということをしっかり考えましょう。

動画広告制作予算

動画広告を制作する際は目安となる費用や、制作会社に依頼するのかということを検討するでしょう。

もちろん企画によって制作費用は異なりますので、明確な指標はありませんし、最近では豊富なテンプレートにより制作会社を通すことなく低予算で動画を制作することができるサービスもあります。

ですが、より自社商品を魅力的に魅せるためには、制作会社に依頼することをおすすめします。

制作会社に依頼する場合、予算の確認のため

「企画を自社で用意できるのか」
「原価」
「撮影に必要なコスト(スタジオ代、旅費交通費、照明など)」
「納品物の形式」「キャスティング代」「必要な動画サイズ」
「効果改善のための修正の可」
「編集データ購入費」

以上を確認することでスムーズに見積を依頼することができるでしょう。

制作会社の選定の基準としては

「配信実績があるか」
「現時点で効果的な動画広告プラットフォーム、動画クリエイティブであるか」
「自社商品と類似した商品の取り扱い実績はあるか、その効果はどうだったのか」
「動画広告で集客した顧客のリピート率」

をしっかりヒアリングし、自社の目的に沿った動画を作ることができる会社であるのかを見分けましょう。

もちろん内製で制作したり、フリーランサーに発注する方法もあり、それぞれにメリットもあるのですが、専門性が高い企業に依頼するには勝りませんのでより魅力的な動画広告を追求するのであれば、制作会社に依頼することをおすすめします。

まとめ

以上、D2Cビジネスと動画広告の関係性についてお話させていただきました。

今後5Gが普及し商用利用がどんどん進められていくので、動画広告の勢いはさらに加速いていくことが予想されるでしょう。

D2Cビジネスは消費者との接点が近いので、素早く消費者との関係性を築くことができる広告手段です。

D2Cビジネスにはかなり効率よくユーザーにアプローチすることができる広告ですので、広告出稿方法に迷われている方は、ぜひこの機会に動画広告の製作を検討してみてください。

まずは気軽に問合せ