単品リピート通販

動画広告とは?単品リピート通販の効果的な活用方法を解説!

近年、多くの企業が宣伝に活用している広告の一つに、動画広告があります。

この動画広告は、YouTubeなどの動画サイトから急激に広まったものであり、この流れに乗って参入する企業が増加しています。

しかし、中には、動画広告の特性を生かせていないケースもあり、その多くが広告展開に失敗しているのです。

そこで今回の記事では、動画広告の特性と活用方法について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

動画広告とは?

2010年代の初め、YouTubeがインストリーム広告という動画広告をはじめ、これが急激な広がりを見せました。

ここから、動画広告が幅広く認知され始めますが、動画広告には、このインストリーム広告だけでなく、複数の種類があります。

それが、インバナー広告、インリード広告、オーバーレイ広告であり、これらには、それぞれ異なる特徴があります。

インストリーム広告は、良く知られている代表的な動画広告であり、主にYouTubeで使用されます。

動画コンテンツと同画面上に表示される動画広告であり、従来のバナー広告よりも大きな画面で表示されます。

動画を視聴する前、動画途中、動画終了後に配信されるため、視認性が高いのが特徴です。

また、この広告は、動画再生のため音声がONになっている状態で再生されることが多く、効果的に伝えることが可能であるというのも大きな特徴です。

インリード広告は、テキストコンテンツ(記事)内に挿入される動画広告であり、ニュースサイトなどで記事を閲覧中に再生されます。

画面内に正しく表示されたときのみ再生されるというのがこの広告の特徴で、広告枠までいかなければ再生されないこともあります。

インバナー広告は、WEBサイト内の広告枠に配信される広告であり、代表的な例では、Yahoo!など大型ポータルサイトの従来のバナー枠に表示されます。

この広告は、インストリーム広告のように動画を途中で飛ばすスキップ機能はないですが、ターゲット設定が可能であり、ユーザーのニーズに合わせた広告を表示することができるという特徴があります。

そのため、動画サイトを利用しないユーザーにも動画広告を提供することが可能となります。

オーバーレイ広告は、WEBブラウザ上に固定されて表示される広告であり、WEB上で記事をスクロールした際に、記事を覆うように大きく表示されます。

ユーザーが閲覧している画面に重なるように表示されるため、スクロールの影響を受けないのが特徴です。

また、その後広告が常時表示され続けることもあります。

動画広告を活用するメリット

動画広告を活用するメリットとしては、まず、何よりもユーザーの視界に入りやすく、印象に残りやすい、理解しやすいということが挙げられます。

静止画像や文字情報では伝わりにくい商品であっても、動画広告であれば短時間でわかりやすく伝えることが可能となるのです。

ユーザーの多くは、WEB上で長い文章を読むことを避ける傾向があり、動画広告は、そのようなユーザーに負担を与えることなく情報を提供することができるのです。

また、動画広告はテキストと比較しても、より多くの情報を短時間で伝えることができるというのも大きなメリットです。

テキストでは伝えることができない、話し方や動きなどの視覚的な情報も伝えることが可能であり、この2つを組み合わせることで、さらに効果的な情報提供をすることも可能です。

具体的には、人物が話をしている内容を字幕表示することで、より分かりやすく情報提供ができるのです。

さらに、動画広告は拡散されやすいという大きな特徴があります。

これは、動画広告の最も重要ともいえる強みであり、一人のユーザーがとある動画を宣伝することで、一気に広がる可能性もあるのです。

動画広告を成功させるには?

動画広告には、上記のようなメリットがありますが、このメリットは活用方法を誤った場合デメリットにもなり得ます。

具体的には、動画の内容がユーザーに不快感を与えるものであった場合、ユーザーの印象に残りやすいというメリットは、悪い印象を強く残してしまうというデメリットになり、拡散されやすいというメリットは、その悪いイメージが拡散されてしまうというデメリットになるのです。

このような活用方法の誤りは、商品のイメージを悪くし、ブランドの価値さえ下げてしまいます。

動画広告と言うのは、それほど影響力の強いものであり、特に若い世代には絶大な力を持っています。

そのため、活用する際には、動画広告の影響力を十分に理解し、その特性を活かしていかなくてはならないのです。

動画広告を成功させるために重要となるのは、動画広告配信の目的を明確とし、それに最適な配信場所を選択することです。

目的がはっきりとしていない広告を配信しても、ユーザーに適切なメッセージは伝わりません。

認知を拡大することが目的なのか、もしくは販売促進やブランディングなのか、他に目的があるのかということを明確にし、まずは、それに沿った動画広告を作り出すことが大切です。

ただし、目的が明確であっても、ユーザーの意見を無視したものでは、ユーザーの支持を得ることは困難です。

動画広告はユーザーに向けたものなのですから、ユーザーの視点に立って制作することも大切となります。

また、動画広告と言うとYouTubeと思われがちですが、他のSNSなどでも動画広告の配信は可能です。

その動画広告が何を目的としているのかによって、配信する場所を選択することが重要なのです。

ブランドや商品の認知が目的であれば、視聴者数の多いYouTubeが適していますが、ブランドの価値を上げるブランディングが目的であれば、ユーザーとのコミュニケーションが可能なFacebookやInstaglamのほうが適している場合もあるのです。

まとめ

動画広告は、テキストや静止画像と比べ、その情報量と影響力に絶大なものがあります。

幅広いユーザーに多くの情報を短時間で伝えることは可能ですが、その一方で、使い方を誤ればマイナスのイメージが短時間で拡散されてしまうと言うこともあるのです。

そのため、動画広告を展開する場合には、その点を十分留意し、適切な動画広告を配信していくことが重要となるのです。

まずは気軽に問合せ