単品リピート通販

単品リピート通販において動画マーケティングの効果を最大化するポイント!

近年、インターネット上のあらゆるところで、動画を活用したマーケティングが行われています。

しかし、その中には、動画の特性を活かしきれず、効果を得られていないケースも多く見られます。

そこで今回の記事では、動画マーケティングの効果を最大化するポイントについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

動画マーケティングとは?

動画マーケティングは、映像を用いたコンテンツを作成し、商品やサービスに対するユーザーの関心を高めていくことを目的としたマーケティング手法です。

テキストや静止画よりも情報を伝えやすく、拡散されやすいという特徴があり、幅広いターゲット層に商品やサービスを広めることが可能であり、現在最も注目されている手法です。

この手法が、ここまで注目されるようになった背景には、YoutubeやInstaglamと言った動画コンテンツを拡散しやすいSNSが広く普及したこと、また、Wi-Fiを利用できる範囲が広がるなど通信環境が整い、ユーザーが動画を閲覧する際に最も気がかりであったデータ通信料を気にする必要がなくなったことなどが挙げられます。

また、この手法には、情報を伝えやすい、拡散性が高いという特性のほかに、SEOの評価が上がりやすいと言う特性があります。

これは、近年SEOではコンテンツが重要視される傾向が高く、動画にもそのコンテンツとしての価値があるとGoogleが認めているからです。

また、この手法は、即効性があり、コンバージョンに繋がりやすいというのも特性の一つと言えます。

これは、テキスト情報よりも商品の魅力が伝わりやすいため、ユーザーの構購買意欲も高まりやすいからだと考えられます。

動画マーケティングには、上記のような特性がありますが、この特性を活かすことができなければ、効果を得ることはできません。

実際に、動画マーケティングを展開している企業の多くが、思うように効果を得ることができないでいるのです。

動画マーケティングを効果的に活用するには?

では、どのようにすれば動画マーケティングで効果を得ることができるのかと言うと、まず重要なポイントととして挙げられるのが、いかに早くユーザーの興味を惹き、それを継続できる動画を作るかと言うことです。

現在動画マーケティングの主流となっているのは、SNSであり、このSNSで動画を流す場合、タイムライン上で流すことが多くなっています。

しかし、このタイムラインでユーザーが動画を視聴する時間は短く、ほんの数秒から数十秒の間にユーザーの興味を惹きつけなければならないのです。

そして、何らかの成果につなげるためには、さらに、その興味を継続させ動画を最後まで見てもらうことが必要となります。

従って、SNSのタイムラインで動画を配信する場合には、動画の冒頭から訴求ポイントを分かりやすく簡潔にすることでユーザーの興味を惹き、さらにユーザーを飽きさせないためにコンパクトな動画を作成することが重要となります。

また、動画のサイズにも注意が必要です。

一般的に、動画と言うと横長のイメージがありますが、近年ではスマートフォンの影響により縦長の動画が急速に浸透してきています。

特に、SNSユーザーの多くはスマートフォンでの視聴が中心になっていますので、縦長サイズのほうがより画面を独占し、ユーザーにアピールすることが可能となります。

そして、最終的に成果に繋げていくことを考えた場合、動画の最後でユーザーを次のアクションへ導く必要があります。

具体的には、サイト遷移に繋がる仕組みを動画の最後に置き、ユーザーをスムーズにサイトへ誘導するのです。

動画マーケティングを効果的に行うためには、上記のポイントに注意して行う必要があります。

ただし、動画を作成するにはコストがかかります。

予算が豊富にあるのであれば問題はありませんが、そうでない場合には、制限なく自由に動画を作るというのは困難です。

そのため、実際に作成していく際には、既存のもので活用できる素材があれば利用する、既存の動画を再編集して利用するなど、コスト削減を念頭に置いておくことも重要です。

動画はSNSで効率よく拡散する!

上記のポイントに注意し、効果的な動画を作成できたら、効率よく拡散していくことが必要です。

また、拡散後もその効果を測定し改善を繰り返していくことが重要になります。

そして、この効率よく動画を拡散していく場合、最も適しているのがソーシャルメディア広告です。

これは、各SNS上で利用可能な広告サービスで、的確なターゲティングができるため、効果的に動画を配信することができます。

しかし、この広告を利用する場合には注意しなければならないことがあります。

それは、広告コストがかかるということであり、このコストに見合うよう効果的に活用して行かなければならないということです。

この場合に、特に問題となるのがターゲティングです。

的確なターゲティングができるのが利点ではありますが、その設定を間違えては意味が無くなってしまいます。

ターゲットの年齢、性別、属性、エリアなど詳細なセグメント設定を行い、自社の商品やサービスを求めるターゲットに的確に動画を配信することが重要となります。

また、どのSNSを活用するのかも重要な問題です。

SNSにはそれぞれ特性がありますので、自社の商品やサービスに最も適したSNSはどれなのかをしっかりと見極め活用していくことが大切です。

まとめ

動画マーケティングは、多くの企業が注目している流行の手法です。

そのため、安易に始めてしまうケースも多いようですが、それほど簡単に効果が得られるわけではありません。

今回説明したように、様々なポイントに注意し、改善を繰り返しながら、その効果を高めていくことが重要なのです。

まずは気軽に問合せ