単品リピート通販

単品リピート通販において今注目のバイラルマーケティングで成功するには?

マーケティングには様々な手法がありますが、現在、最も注目されているのがバイラルマーケティングです。

実際に、大規模なバイラルマーケティングを行い成功している企業も存在しており、あらゆる企業が取り組みを始めています。

そこで今回の記事では、バイラルマーケティングについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

バイラルマーケティングとは?

バイラルマーケティングとは、SNSなどの高い拡散力を持つ媒体を利用したWEBマーケティングの手法の一つです。

バイラルマーケティングのバイラル・Viralは、ウイルスと言う意味のバイラス・Virusが派生した言葉であり、感染力を持つ、ウイルス性のあると言った意味があります。

そして、そのバイラルと言う言葉の通り、ウイルスが広まるように、ユーザーの口コミなどにより、人から人へ情報が拡散されていくことを表しています。

バイラルマーケティングを行う際には、そのウイルスの基となるコンテンツが必要となり、このコンテンツはバイラルコンテンツと呼ばれます。

ウイルスが広まるように急速に広がるコンテンツを発信することにより、SNSを中心として様々なチャネルで広く拡散され、大規模なマーケティングを実施することが可能となるのです。

そして、このバイラルコンテンツの発信、すなわち、バイラルマーケティングの実施にはマーケティング戦略が不可欠です。

どのようなマーケティングであっても戦略は必要不可欠ではありますが、このバイラルマーケティングでは、戦略が特に重要視されており、バイラルストラテジーと名付けられています。

バイラルマーケティングと間違いやすい手法とは?

バイラルマーケティングには、類似したマーケティング手法が複数あり、一つがバズマーケティングという手法です。

バズマーケティングのバズとは、ざわつきやガヤガヤしたと言った意味の言葉であり、このマーケティング手法においては、ユーザーの口コミを表しています。

つまり、バズマーケティングは、口コミを活用したマーケティング手法であり、具体的には、ターゲット層に大きな影響力のあるメディアや人物に、商品やサービスをアピールしてもらい、注目を集めると言う手法になります。

また、これに類似したマーケティング手法に、インフルエンサーマーケティングがあり、これは、インフルエンサーと呼ばれる影響力の強い人物に、商品やサービスをアピールしてもらう手法です。

この2つの手法は非常に似通っており、バズマーケティングを行う際に、インフルエンサーを起用すると言うことも行われているため、明確に分けて考えるのは非常に難しくなっています。

バイラルマーケティングは、これらの手法と似通ってはいますが、コンテンツをメインとし、情報を拡散するのが影響力の強い人物やメディアだけに限定されないという大きな違いがあります。

バイラルマーケティングを実施するための準備

実際に、バイラルマーケティングを実施していくには、まず、コンテンツを制作する必要があります。

バイラルマーケティングは、ウイルスが広まるように人から人へ情報を拡散させていかなくてはなりません。

仕組みは単純ではありますが、そのためには、ユーザーが人に伝えたいと思うようなコンテンツを作成する必要があるのです。

具体的な例としては、Twitterを活用し、投稿したツイートをフォロー、リツイートしてくれたユーザーの中から抽選でプレゼントを贈呈するなど、ユーザーが拡散したくなるような仕掛けをすると言った方法もあります。

バイラルマーケティングは、ユーザーの拡散力に頼った手法であり、とにかくユーザーから注目を集め、拡散してもらわなくてはならないのです。

そのために重要となるのが、ユーザーがどのような情報を求めているのかということであり、それを知るためには、マーケティングリサーチの実施などで、ユーザーのニーズを知ることが大切となります。

バイラルマーケティングは、手順はシンプルですが、バイラルコンテンツを作成するためには、マーケティングリサーチなども含め手間や時間、コストがかかります。

簡単にできるものではなく、時間をかけて念入りに制作することが大切です。

また、ユーザーが求めるコンテンツを作成することができたとしても、それを発信する媒体が適切でなければ意味がありません。

マーケティングを効果的に行うためには、ターゲット層に的確に商品やサービスをアピールする必要があります。

そして、SNSで情報を拡散する言っても、各SNSの特徴は様々であり、利用している年齢層もそれぞれ異なるのです。

そのため、まず自社のターゲット層がどのSNSを利用しているのかを確認し、コンテンツを配信する前に、配信先の準備をしておくことも重要となるのです。

バイラルマーケティングの成功例

バイラルマーケティングは、現在様々な企業が活用しており、実際に成功した事例も多くみられます。

その中でも有名なのが、ハーゲンダッツが行ったバイラルマーケティングです。

ハーゲンダッツでは、過去に発売したアイスクリームのフレーバーの中から、復活してもらいたいフレーバーをユーザーに選択してもらうと言う施策を実施しました。

これは、ユーザーそれぞれのSNSアカウントから、1日1回限定で投票できると言う企画で、投票してくれたユーザーには、抽選で1.000名に実際に復活したフレーバーをプレゼントするというものです。

この企画は、すぐにユーザーの注目を集め、幅広く拡散され、最終的には16万票以上もの票を集めました。

この事例の成功の要因は、ハーゲンダッツのファンの心理を上手く操り、情報を広く拡散させたことにあります。

このように、自身がファンである商品の投票と言う企画は、ファンであるということ証明できる機会であり、ファンであればあるほど参加せずにはいられなくなるものです。

この施策は、そのファン心理を操ることに成功した好事例と言えます。

まとめ

バイラルマーケティングを成功させるためには、今回説明したように、ユーザーから注目を集め、広く拡散してもらうことができるようなコンテンツを作り、それを適切な媒体で発信する必要があります。

また、発信する媒体において、最大限に効果を出すことができるような環境を整えておくことも重要です。

有益な情報を発信し、広く拡散してもらうと言う仕組みは単純ではありますが、簡単に行えるものではなく、実施するまでには、事前に入念な準備が必要となるのです。

まずは気軽に問合せ