単品リピート通販

単品リピート通販でキラーコンテンツを作るには?模倣に注意が必要!

近年のWEBマーケティングでは、コンテンツをうまく活用していくコンテンツマーケティングが注目を集めています。

そして、そのコンテンツマーケティングを行う上で、重要となるのがキラーコンテンツと呼ばれるコンテンツです。

そこで今回の記事では、キラーコンテンツについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

キラーコンテンツとは?

キラーコンテンツとは、驚異的や魅力的と言った意味を持つ英語のKillerとコンテンツを合わせた言葉であり、直訳すると驚異的、魅力的なコンテンツと言う意味を持ちます。

一般的には、特定のジャンルにおいて圧倒的な魅力を持ち、その分野の普及のきっかけとなるよう大きな影響力を持つ情報やサービス、商品のことを指します。

このキラーコンテンツの分かりやすい例として、よく挙げられるのがゲームソフトです。

キラーコンテンツと呼ばれるゲームソフトは、そのゲームソフト自体が爆発的に売れるのはもちろん、それに伴いゲーム機本体も爆発的に売れるというほどの影響力を持つものを指します。

そして、これにより、このゲーム機は消費者に広く普及されることになり、キラーコンテンツと呼ばれるソフト以外のゲームソフトの売り上げにも大きく影響を及します。

このように、特定の分野の普及を広めるほどの強い影響力を持つコンテンツが、キラーコンテンツと呼ばれるのです。

一方で、WEBマーケティングにおいてのキラーコンテンツは、前述のものとは少し異なります。

WEBマーケティングでは、実際に商品やサービスを売ることのできる影響力のあるコンテンツ、つまり、そのコンテンツ自体が売り上げに直結するコンテンツを指しています。

WEBマーケティングの最大の目的は、商品やサービスの購入や申し込み、資料請求と言ったユーザーの行動、すなわちコンバージョンです。

このコンバージョンに至る確率が高いコンテンツが、WEBマーケティングにおけるキラーコンテンツとなります。

また、コンテンツマーケティングにおいてのキラーコンテンツの意味合いも、上記の2つとは少し異なります。

コンテンツマーケティングは、WEBマーケティングのように、直接コンバージョンを目的とはせず、ユーザーに有益なコンテンツを提供することで、顧客を育成していく手法です。

従って、コンテンツマーケティングにおけるキラーコンテンツとは、多くのユーザーを集客することができるコンテンツとなります。

キラーコンテンツを作成するには?

実際にマーケティングにおけるキラーコンテンツを作成するためには、いくつかのポイントがあります。

まず挙げられるのは、自社の商品やサービスに対する理解を深め、その強みを把握することです。

自社の商品やサービスにどのような魅力があるのかを知り、それに対して自信を持たなければ、ユーザーに強くアピールすることはできません。

商品やサービスを深く理解していればこそ、ユーザーそれぞれのニーズに合わせてアピール方法を変えていくことも可能となるのです。

そして、ユーザーにその魅力を強く訴求するコンテンツを提供することにより、結果としてそれがキラーコンテンツとなるのです。

次に挙げられるのは、既存のコンテンツを確認するということです。

キラーコンテンツにすることを目的としてコンテンツを作成しても、それがすべて狙い通りになるわけではありません。

既存のコンテンツの中にもキラーコンテンツとなり得るコンテンツが存在する可能性はありますので、既存のコンテンツのアクセス数などを分析し、流入が高いコンテンツを洗い出していきます。

そしてその洗い出されたコンテンツを改善、強化していくことで、キラーコンテンツを生み出すことも可能となります。

また、キラーコンテンツに限ったことではないですが、コンテンツを作成する際には、ユーザーのニーズに合った、魅力のあるコンテンツを作成することが重要です。

特にキラーコンテンツを作成したいのであれば、的確なターゲティングを行い、そのターゲットの行動を詳細に分析し、ターゲットのニーズを明確にすることが必要となります。

そして、そのニーズに合わせ、ターゲットにとって有益となる情報を提供できる価値のあるコンテンツを作成していくことで、結果として、それがキラーコンテンツとなり得るのです。

ただし、キラーコンテンツの作成だけにこだわるのは問題があります。

キラーコンテンツとは、あくまでも他との比較により生まれるものであり、作成した側が定義するものではないのです。

数あるコンテンツの中で、最も魅力的であり、多くのユーザーを集客でき、なおかつ商品の購入と言ったコンバージョンへ繋げる影響力を持ったものがキラーコンテンツと呼ばれるだということを留意することが大切です。

また、キラーコンテンツと定義されるコンテンツを参考に作成するというのも問題が生じる恐れがあります。

明らかに似通っている場合、検索エンジンからコピーコンテンツと判断される可能性もありますし、ユーザーからの信頼を失うことも考えられます。

キラーコンテンツを作成したいのであれば、このようなリスクの高い行為を行うのではなく、ユーザーの視点に立ち、ユーザーの求める価値のあるコンテンツを作り続けていくことが、ユーザにとって魅力のあるキラーコンテンツを生み出す近道なのです。

まとめ

キラーコンテンツとは、コンテンツを作成していくうえで、目指すべき目標ではありますが、狙い通りに作り出せるものではありません。

あくまでも、ユーザーにとって魅力的であることが重要であり、多くのユーザーからの支持を得ることができなければ、キラーコンテンツとは言えないのです。

従って、キラーコンテンツを作成する一番の近道となるのは、ユーザーのニーズを明確にし、それに合わせた有益な情報を提供するコンテンツを作り続けることなのです。

まずは気軽に問合せ