単品リピート通販

目的別に見る、単品リピート通販におけるWebマーケティングの手法を紹介

インターネット上で商品の販売を行うため、最近ではネットショッピングサイトを開設し、運営していく方が非常に多く見られます。

ネットショッピングサイトを運営すると、24時間365日どこにいても商品販売を行うことができるので、非常に効率良く売り上げを見込むことが出来ると思いますよね。

ですが、そのような効率の良い運営を行い、目標とする売り上げを達成していくには、「マーケティング活動」が必要不可欠になってきます。

そしてネットショッピングには、Webマーケティングという、インターネットを十分に活用したマーケティングの手法がとても有効的であると言えるでしょう。

マーケティングとは、今までも多く利用され、大きな売り上げへと導いてきたものなのですが、インターネット上にネットショップがどんどん増えてくるこの時代では、市場競争が激化しているため、従来のマーケティングでは効果が分かりにくくなっていることが現状なのです。

だからこそ、Webマーケティングは需要が高まり、ネットショップを運営する企業や一個人からも注目を集めているのです。

そこで今回は、目的別に見る、Webマーケティングの手法についてお話したいと思います。

これからネットショップサイトを効率良く運営していこうと思われている方、マーケティング活動を大きな集客へと結び付けたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

新規顧客集客

まずは、Webマーケティングを活用し、新規顧客の集客につなげる手法からお話ししていきます。

GoogleやYahoo!での検索上位結果に自社のネットショップページを表示させる「SEO」「リスティング広告」、複数のWebサイトをまとめられた広告枠に、広告配信のネットワークを活用し宣伝していく「アドネットワーク」、広告主と広告掲載者が契約し、広告掲載者のページから購入や契約などの成果条件を達成した場合、広告主より広告掲載者へ手数料が支払われる「アフィリエイト」、SNS社会となった今の日本に最も適しており、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアに広告を出稿する「SNS」、自社のネットショップの公式アカウントをSNSで作成し、ユーザーと直接コミュニケーションを取りながらネットショップへの訪問を促す「ソーシャルメディア対策」があります。

これらは全て新規顧客を集客することが目的とされている手法であるので、自社の運営方針に合った方法を選択し、いくつかを組み合わせて顧客を増やすことが大切です。

再訪問顧客集客

次に、一度自社のネットショップにて新規訪問や新規購入などのアクションを起こした顧客に向けての手法についてお話していきます。

再度、自社のネットショップに訪問して貰うために効果的であるのが、Cookieを持っているユーザーだけに広告配信する「リターゲティング広告」、一度登録されたユーザーのメールアドレスにメールマガジンやステップメールを配信する「メールマーケティング」が効果的でしょう。

再訪問を目的としているからこそ、以前にユーザーが見た商品や購入した商品に関連付けた情報を配信したり、その商品のお得情報や、購入後の使用感想、おすすめの使用方法など、ユーザーが興味を持っている情報を把握し、より自社のネットショップに興味を示すような内容を配信することが重要です。

訪問客の接客

ネットショップだからといって、訪問された顧客を接客しなくても良いというわけではありません。

直接接客できないからこそ、最初に表示されるランディングページのパフォーマンスを改善する「LPO」、入力フォームやカートからの離脱客を減らすべく、入力フォームを最適化させるための「EFO」、今実査に訪問している顧客に対し、リアルタイムでチャットにて接客を行ったりクーポンを発行したりする「Web接客」という手法があります。

訪問された顧客が快適に、満足にショッピングを楽しむことができるようにしておくことが大切です。

集客効果の測定

最後に、これまでさまざまな手法を用いてどれくらの集客につながったのか、どの集客手法が効果的であったのか、という集客効果の測定を図る手法をお教えいたします。

ネットショップサイトへの訪問者数、ページ閲覧数、ユーザー数、滞在時間、離脱率、直帰率などの基本的な情報を分析することができる「アクセス解析」、ショッピングページ内でユーザーに良く見られており需要がある部分、あまり見られていない需要が無い部分を一目で見分けることができる「ヒートマップ」、実際ユーザーがネットショップを利用した際の行動や発言から、その後のネットショップの課題を見つける「ユーザーテスト」といった手法が効果的であると言えるでしょう。

どれも初心者の方でも取り組みやすいものばかりですので、ぜひこの手法で効果を測定することをおすすめします。

まとめ

以上、目的別に見る、Webマーケティングの手法についてお話させていただきました。

お読みいただいた通り、目的とする集客が違えば、Webマーケティングの手法は全く変わってきます。

それぞれに適した正しいWebマーケティングをコツコツ行うことで、大きな集客へと繋がっていくのです。

ぜひこの記事を参考に、さっそくWebマーケティングを取り入れてみてくださいね。

まずは気軽に問合せ