単品リピート通販

単品リピート通販のWEBマーケティングとデジタルマーケティングの違いについて解説!

デジタルマーケティングは、近年注目されているマーケティング手法です。

導入する企業も増加しており、広く浸透してきていますが、中にはWEBマーケティングと混同しているケースもあるようです。そこで今回の記事では、WEBマーケティングとデジタルマーケティングの違いについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

WEBマーケティングとの違いとは?

この2つの手法は、インターネットを主として行うマーケティング手法であるため、同じものと思っているケースも多いようです。

しかし、基本的にこの2つの手法は大きく異なります。

WEBマーケティングは名前の通り、WEBサイトを主体とするマーケティング手法であり、取り扱う範囲はWEBに限定されています。

一方でデジタルマーケティングは、WEBサイトもその範囲には含まれますが、範囲はそれだけにとどまらず、デジタルによって得ることができるあらゆる要素を活用するマーケティング手法です。

つまり、この2つの違いは、取り扱う範囲が大きく異なることであり、WEBだけに限定してマーケティングを行うWEBマーケティングは、さらに広い範囲をカバーするデジタルマーケティングの一つの要素でもあるのです。

WEBマーケティングで行う具体的な施策は、サイトにおいて良質なコンテンツを作成し、ユーザーを流入させ、購入と言った成果に繋げていくことであり、そのために、リスティング広告の運用、SEO対策、アクセス解析、サイトの改善などを行います。

そしてこれらの施策はすべてWEB上で行われ、また、すべてにおいてWEB上で取得できる情報を使用します。

つまり、WEBマーケティングとは、自社のWEBサイトを取り巻く狭い範囲でしか行うことができないということになります。

しかし、近年スマートフォンやタブレットの普及などにより、環境は一変し、デジタルの多様化が急速に進んでいます。

そのような状況の中で、WEBマーケティングに代わり、主流となってきているのが、この多様化するデジタルを包括することができるデジタルマーケティングなのです。

この手法のように、WEBサイトやWEB広告、メール、アプリなどあらゆる接点において顧客と接触を図り、SNSや口コミサイト、位置情報などあらゆるデータを活用して顧客との関係性を構築していくことが、今後のマーケティングにおいて重要なのです。

これは反対から言うと、この手法に対応していくことができなければ、今の時代に顧客との関係を強くするというのは困難であると言えるのです。

また、この手法では、WEBサイトと実店舗を連携させ、顧客にアプローチすることも可能となります。

顧客一人一人に適した情報を、適切なタイミングで提供することで、顧客との関係性を強化することができるのです。

デジタルマーケティングを運用していくには?

この手法を運用していくには、既存のWEBマーケティングの施策はもちろん、コンテンツマーケティング、メールマーケティング、WEB広告、SNSなどあらゆる施策を組み合わせて取り組んでいく必要があります。

ここで注意しなければならないのが、既存のWEBマーケティング施策に問題がないかと言う点です。

WEBマーケティング施策がどの程度効果が出ているのかを明確にし、効果を得られていない場合は改善、もしくは別の施策へと移行すると言った処置をしておくことが大切です。

この手法の運用では、さらに取り組む幅が広がりますし、運用がうまくいった場合WEBサイトへ訪れるユーザーが増えることが予想されますので、適切に情報が提供できる状態にしておく必要があるのです。

また、この手法においては、コンテンツマーケティングの設計も重要となり、この場合、自社サイトのメディアはもちろん、メール、広告、SNS、スマートフォンアプリ、ダウンロードコンテンツなどがこれに含まれます。

この設計で重要となるのは、これらのコンテンツの種類の中から、どのように情報を提供していくのかと言うことです。

例えば、ビジネスでの利用であれば、利便性の高いダウンロードコンテンツが有効ですし、スマホで手軽に情報を集めたいという場合には、記事コンテンツよりも動画コンテンツのほうが有効と言うように、顧客のニーズに合わせて種類を選択することが重要となります。

さらに、この手法では、従来の手法よりも顧客との関係性が重要となるため、CRMの導入が効果的となります。

この手法には、WEBサイトだけでなくあらゆる方面からデータを収集しそれを活用することができるという利点がありますが、多方面から収集した膨大なデータを人の手によって管理するのは非常に困難です。

CRMシステムを導入することで、そういった業務を効率化することが可能となり、またそのデータを基に効果的に施策を実行することもできるのです。

また、CRMを導入することで、効果的なメールマーケティングを行うことも可能となります。

まとめ

上記のように、デジタルマーケティングは、WEBマーケティングを含む、あらゆる手法を用いて顧客との関係性を強くしていくことを目的とする手法であり、今後のマーケティングにとって必要不可欠な手法であると言えます。

このマーケティングは、従来の手法と大きくかけ離れるということはありませんが、取り扱う範囲や考え方に違いがありますので、まずその点を正しく理解し活用していくことが重要となります。

まずは気軽に問合せ