サブスクリプション

サブスクリプションビジネスに必須、今注目のWebマーケティングとは

今までは商品やサービスを作り、売り切るビジネスが主流であったのですが、その商品やサービスに対して利用した期間や利用量に対したいかを払う課金提供型である「サブスクリプションビジネス」が主流になってきています。

サブスクリプションビジネスを展開し営業努力をすることで、企業は継続的な売り上げを得ることができますので、今非常に注目を集めシェアを広げているのです。

サブスクリプションビジネスは、今新たに展開されているビジネスモデルであり、Webを中心としたビジネスでありますので、Webマーケティングにも注目しなければなりません。

今後もますますサブスクリプションの拡大が予想されているからこそ、最新のWebマーケティングを行うためにはWebマーケティングのトレンドも押さえておかなければならないのです。

もちろんマーケティングの本質というものは変わることはありませんが、消費者の生活スタイルや新たな技術、価値観の変化などから当然マーケティングにも変化が見られますので、実際の戦略や施策を日々変化させることも大切なのです。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスに必須である、今注目のWebマーケティングについてお話しさせていただきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスでビジネス拡大を行いたいという方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

マイクロインフルエンサー

世間に与える影響力が大きい行動を行う人物を「インフルエンサー」と呼びます。

今インフルエンサーを起用して情報を発信するインフルエンサーマーケティングに力を入れている企業も多く、SNSや動画共有サービスが普及してきたことから、新たなマーケティング手法のひとつとして取り入れられるようになりました。

インフルエンサーの中でも特に狭い領域で強い影響力を持っている「マイクロインフルエンサー」こそ、今注目を集めているのです。

マイクロインフルエンサーの特徴は、フォロワーは約1万人ほど、そしてフォロワーひとりひとりとの結びつきが強く、狭く深い繋がりを持っていることでしょう。

インフルエンサーマーケティングよりも、もっと密なコミュニケーションを取るためのマーケティング戦略です。

ウェアラブル端末

ウェアラブル端末とは、スマートウォッチのような身体に装着できるスマートデバイスのことを言います。

今の時代、WebマーケティングにSNSは欠かすことができないようになっており、SNSユーザーの大多数はスマートフォンを経由して利用しています。

ですが今後ウェアラブル端末が普及するにつれて、ウェアラブル端末からのアクセスが増加すると考えられるでしょう。

そうなると、ウェアラブル端末で収集できる情報や、画像解析機能を用いた情報分析などもSNSマーケティングに活用することができるのです。

AIでのユーザー分析

マーケティング施策を立案するためには、AIを活用したユーザー分析も注目を集めているでしょう。

AIを活用したマーケティング活動は、2020年以降さらに拡大することが予想されており、ユーザーの年齢や性別、家族構成、年収、興味や関心、行動などの多くの膨大な情報を集めることができます。

Webマーケティングでは、より細かなユーザー情報を得て、分析することが必要不可欠であり、新規顧客の獲得や既存顧客との繋がりを強めるには必須なのです。

Webマーケティングにて得ることができる情報量は、非常に多すぎるので、どうしても人間の手の力だけでは限界がありますので、AIを活用する動きが急速に進んでいるのです。

「AI」と聞くと、ハードルが高いようなイメージを持つ方も多いかもしれませんが、ここ数年でAIを活用した顧客分析ツールは非常に多くなっていますし、そのツールの利用も簡単になってきていますので、必須で導入すべきだと考えておきましょう。

チャットボット

チャットボットとは、「チャット」と「ボット」を合わせた言葉であり、人工知能を活用し、人が入力したメッセージの内容を読み取り、そのメッセージに対し適切な回答を返信する自動会話プログラムのことを言います。

チャットボットを良く利用されている部分といえば、サイト内の「FAQ(ヘルプ)」でしょう。

ユーザーがそのサイト内で困っていることを入力することで、そのユーザーの悩みに合わせた解決策を提案し、会話形式で自動的に悩みを解消してくれるのです。

その他にもWebフォームの代わりにチャットボットを導入し、「フォーム落ち」を防ぐことも目的している場合も見受けられます。

ユーザーにとってただ作業のようなWebフォームではなく、会話形式で入力を進めていくことができますので、気軽に簡単に行うことができるのです。

このチャットボットは活用方法によっては、企業のブランディングにも有効です。

ここ数年で機械学習技術が発展しており、それとともにこのチャットボットも普及していますので、今後もさらに注目すべきものであると考えられるでしょう。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスに必須である、今注目のWebマーケティングについてお話しさせていただきました。

Webマーケティングは、その時代の流れに沿ったマーケティングかつ、トレンドを押さえたマーケティングを行わなければ、適切な結果へと導くことはできません。

今後もさまざまな領域からWebマーケティングが現れることが予想されますが、まずは今回説明したWebマーケティングのトレンドをしっかり理解してくださいね。

まずは気軽に問合せ