サブスクリプション

働き方改革に寄与する、サブスクリプションビジネス

今、私たちのまわりでは「定額制」「定期購入」の代表である「サブスクリプション」が急速に広がりを見せています。

企業にとって、サブスクリプションビジネスを展開することで、従来では得られることの出来なかった安定した収入を得ることができますし、消費者にとっては今まで購入して利用していたサービスを、より低コストで利用することができますので、双方にメリットが大きいビジネスモデルであると言えるでしょう。

働き方改革にも大きく寄与すると考えられていますので、この先のビジネスにも大きく影響することが予想され、ビジネス社会を変えるまず第一の革命だと考えられているのです。

そこで今回は、働き方改革に寄与する、サブスクリプションビジネスについて、詳しくお話ししていきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

あらゆる産業にて導入可能なサブスクリプション

そもそも、新聞や雑誌に関する「予約購読」や「定期購読」という意味があるサブスクリプションですが、近年流行しているサブスクリプションは、定額料金を支払うことで、サービス見放題、使い放題と言った意味とされているでしょう。

NetflixやApple Music、Amazon Kindle Unlimitedなどがサブスクリプションの成功例として挙げられます。

従来は、音楽を聴きたいときはCDを購入したりレンタルするなど、1作品に対して個別の対価を支払うことが一般的でしたが、最新の音楽が聴き放題、最新サービスを自由に利用し放題というビジネスモデルに変わってきているのです。

サブスクリプションが流行し始めたころは、音楽や動画などのデジタルサービスこそサブスクリプションビジネスにふさわしいと考えられていたのですが、今では飲食業界やアパレル業界にまでのサブスクリプションの波が押し寄せ、業種、業態を問わずに展開することができるビジネスモデルとされているのです。

ですがまだ新しく、日本に浸透しきっていないビジネスモデルであるからこそ、参考にすべき成功事例や確実な戦略が少ないので、サブスクリプションの導入を躊躇している企業も多いのでしょう。

サブスクリプションビジネスモデルの認識

サブスクリプションサービスは、「〇〇見放題、し放題」といったサービスであると認識されてしまいがちですが、そこに注目しなければならないというわけではありません。

定期的な支払いが発生する継続的なサービス」という認識をしましょう。

サブスクリプションは生活インフラ要素のあるサービスなのです。

このサービスを自社ビジネスに応用するためには、「ONB」をポイントとして考案していきましょう。

「O(お得)」「N(悩み解決)」「B(便利)」の三大原則は、顧客にとって確実に重要で、いかに自社サービスに当てはめて、サービスを提供することができるかということがポイントです。

この三大原則が均等に保たれて初めて、サブスクリプションビジネスが成り立ちます。

ですので、「お得なだけ」「新規顧客獲得のためだけ」「事業者都合」のようなサブスクリプションサービスにならないようにしなければなりません。

働き方改革へ寄与

従来のビジネスモデルと比較すると、従来のビジネスモデルは「労働集約型ビジネス」であったことが分かります。

業務を次から次へとこなし、売り上げを積み上げていくことが基本だったのですが、高リスク不安定で、対応案件にも限界がありますので、苦労を伴うことがあります。

ですがこれと比べると、サブスクリプションは効率的で生産性が高く、安定的なストック型ビジネスですので、ビジネスの救世主とも言われているのです。

もちろん、サブスクリプションビジネスとしての最低限の労働力は不可欠ですが、取り組むべきことをしっかり押さえて、ビジネスを確実に形にしていくことで、働き方改革へ大きく寄与するのです。

これがさらに浸透し、サブスクリプションビジネスモデルにもより進展すると、未来の働き方改革は大きく変化し、快適になることが予想されるでしょう。

まとめ

以上、働き方改革に寄与する、サブスクリプションビジネスについてお話しさせていただきました。

人々の生活を豊かにすることが最終的なゴールとなるような、新たな仕組みとシステムが作られています。

サブスクリプションによって従来の複雑で苦労する業務から解放されることができれば、日本経済の活性化の大きなヒントになることでしょう。

今サブスクリプションビジネスの展開を検討されている方は、頭を柔軟にし、今の現状をしっかり把握し、さらになぜサブスクリプションの需要が高まっているのかという理解をしてください。

サブスクリプションビジネスは身近にあるものだという認識を持って、サブスクリプションビジネスに取り組んでみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ