単品リピート通販

Yahoo!プロモーション広告の特徴とは?単品リピート通販で効果的な活用方法を解説!

世界でトップのシェアを誇るGoogleに広告を出稿できるGoogleAdWordsは、利用している企業も多く、広く活用されています。しかし、日本ではYahoo!のユーザーも多いため、同様の広告手法であるYahoo!プロモーション広告も無視できない存在になっています。そこで今回の記事では、Yahoo!プロモーション広告について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

Yahoo!プロモーション広告とは?

Yahoo!プロモーション広告には、大きく分けてスポンサードサーチ(検索広告)、Yahoo!ディスプレイネットワーク(YDN)の2つの広告があり、さらにそこから何種類かの広告に分けられます。

スポンサードサーチ(検索広告)

スポンサードサーチ(検索広告)は、Yahoo!JAPANの検索エンジンにおいて、ユーザーが検索したキーワードに連動して出稿できる広告のことを指します。これは、GoogleにおけるGoogleAdWordsの検索広告とほぼ同じものです。スポンサードサーチ広告では、ここからさらにRLSA、広告表示オプションと言う2つの広告に分けることができます。

まず一つ目のRLSA(RemarketingListsforSearchAds)は、スポンサードサーチ広告におけるリマーケティングであり、サイトを訪れたことのあるユーザーに対し、入札単価を変更して広告を出稿する手法です。例として、以前カゴ落ちしたことのあるユーザーに対して、入札単価を上げて広告を配信するということです。このような、カゴ落ちしたユーザーや一度でもサイトを訪れたことのあるユーザーは、商品に関心がある訳ですから成果につながる可能性が高いですので、このRLSAで広告を配信することでこういったユーザーを取り込める可能性が高くなるということです。

2つ目の広告表示オプションも、Googleにおける広告表示オプションと同様のものです。検索窓の下部に付加情報を広告と一緒に表示することのできる手法です。広告文の下に掲載することができますので、画面占有率が上がりクリックされる可能性が高くなります。この広告表示オプションには以下の3種の手法があります。

クリックリンクオプション

クリックリンクオプションは、Googleにおけるサイトリンクとほぼ同じもので、広告文の下にテキストとそのリンク先を表示することができる手法で、広告文だけでは伝えきれない情報を掲載したい場合に有効です。

テキスト補足オプション

テキスト補足オプションは、Googleにおけるコールアウト表示とほぼ同じもので、広告文の下にテキストで情報を補足することができます。

電話表示オプション

電話表示オプションは、広告文の下に電話番号を表示し、ユーザーが手軽に電話をかけることができるようにする手法です。

ディスプレイ広告(YDN)

ディスプレイ広告は、Yahoo!JAPANが提供するYahoo!ニュースや提携サイトに広告を出稿することができる広告手法で、これはGoogleにおけるディスプレイネットワーク(GDN)とほぼ同じものです。スポンサードサーチ広告で賄えないユーザーにもアプローチすることが可能になります。このディスプレイ広告には、以下の5種の手法があります。

リマーケティング

リマーケティングは、スポンサードサーチ広告のRLSAと同じ様に、サイトに訪れたことのあるユーザーに対して、入札単価を調整して広告を出稿することができる手法ですが、RLSAとは広告の掲載場所が異なります。RLSAでは、検索窓の下部に広告を表示しますが、このリマーケティングでは、Yahoo!JAPANが提供するYahoo!ニュースや提携サイトに広告を掲載します。このリマーケティングは、ユーザーが再度キーワードを検索した際に連動するRLSAとは異なり、ユーザーが再度検索をしなくても広告を出稿できるので、成果を上げる可能性がさらに高まります。

サーチターゲティング

サーチターゲティングは、Yahoo!JAPANの検索エンジンにおいて、ユーザーが過去に検索したキーワードを元に広告を配信できる手法で、キーワードを指定し、そのキーワードを検索したことのあるユーザーがサイトを訪れた際に広告を表示することが可能となります。このキーワードはYahoo!側で指定されており、その中からキーワードを選択し配信することになります。キーワードが指定されているため自由度は低いですが、検索したキーワードを元にしているため成果を上げやすい手法です。

プレースメントターゲティング

プレースメントターゲティングは、サイトのURLを指定して広告を配信することができる手法です。Yahoo!JAPANが提供するYahoo!ニュースや提携サイトに広告を出稿できます。

インタレストカテゴリターゲティング

インタレストカテゴリターゲティングは、ユーザーの関心の高いカテゴリに広告を配信することができる手法で、Yahoo!側が提示する興味・関心の中からカテゴリを選択し、あてはまるユーザーに広告を配信します。ターゲティングの精度としてはあまり高くないですので、他の手法と合わせて利用したほうが良い手法です。

類似ユーザーターゲティング

類似ユーザーターゲティングは、ターゲットリストにあるユーザーと行動が似ているユーザーを選び、広告を配信する手法です。ターゲットリストのデータ数が多いほどターゲティングの精度が上がりますが、データ数が過去28日間で100件に満たない場合は利用することができません。

まとめ

Yahoo!プロモーション広告は、様々な種類があり、そのほとんどはGoogleAdWordsと同様の手法です。しかし、一般的にはGoogleAdWordsの利用を優先し、Yahoo!プロモーション広告の利用は後回しにされる傾向があるようです。ですが、日本ではYahoo!ユーザーも多く存在していますので、GoogleAdWordsを利用している場合には、Yahoo!プロモーション広告の利用も検討するべきと考えられます。

まずは気軽に問合せ