単品リピート通販

YouTubeはバンパー広告を活用する!

YouTubeは、あらゆる年代から指示されており、広告の媒体としても高い注目を集めています。

投稿された動画の中には、100万人以上が視聴している動画もあるため、そこに広告を流すことができれば、高い効果を得ることが期待できるのです。

このYouTubeの広告には、さまざまな種類があり、以前はインストリーム広告が主流となっていましたが、現在ではそれに代わる広告としてバンパー広告が注目されています。

そこで今回の記事では、バンパー広告について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

バンパー広告とは?

バンパー広告とは、Youtube広告の中の1種であり、YouTubeで動画を見る際に、冒頭で流れる広告のことを指します。

6秒間と言う短い時間ですが、自社の商品やサービスを効果的にアピールすることが可能です。

これまでのYouTube広告は、インストリーム広告が主流となっていました。

このインストリーム広告は、バンパー広告と同じように、YouTubeで動画を見る際に、冒頭で流れる広告のことで、2つの種類があります。

1つ目は、広告が開始されてから5秒でスキップすることが可能な長い時間の広告、2つ目は、スキップ不可能な15秒の広告です。

従来は、この2種類の広告が多く活用されていましたが、この2種類のどちらにおいても視聴者から避けられ、1つ目のスキップ可能な広告においては、最後まで見てもらえることがほとんどない広告になっていたのです。

5秒でスキップが可能であるからと言って、全く見てもらえないのでは、せっかく長い時間の広告を作った意味がないですし、広告を出している意味もありません。

また、15秒間と言う比較的短い時間の広告でも、視聴者からの評判は悪く、広告の効果があまり得られなかったのです。

そこで、YouTubeでは、このインストリーム広告のデメリットを補うことのできる広告を開発することになり、そこで誕生したのがバンパー広告なのです。

バンパー広告のメリット・デメリットとは?

バンパー広告は、前述のように、6秒間と言う短い時間で完結する広告であり、スキップすることができないと言うのが特徴です。

わずか6秒間ですので、視聴者もスキップができないことに不満を持つこともないですし、6秒間に訴求したい内容を凝縮し完結させているため、広告としての役目も果たすことができるのです。

つまり、このバンパー広告は、視聴者にとっても、広告主にとっても納得することができる広告なのです。

バンパー広告のメリットは、これだけではありません。

6秒間と言う短い広告であるがため、視聴者も商品やサービスに興味がなくても、我慢して見てくれるわけです。

これは、商品やサービスの本来のターゲット層だけでなく、幅広い層に見てもらえるということになります。

また、通常では6秒間で商品やサービスをアピールすることは難しいことですが、バンパー広告では、それを逆手に取り、インパクトを重視したユーモアのある広告が作り出されています。

これは、他の広告手法では、考えられないことですので、これまでに商品やサービスに関心を持たなかった層を取り込む効果が期待できるのです。

バンパー広告には、上記のような多くのメリットがある一方で、デメリットも存在します。

6秒間と言う短さのため、十分な訴求をすることはできませんので、先ほど述べたようなインパクト重視の広告を作ることになります。

しかし、それでも1本の広告だけでは訴求が不十分です。

よって、複数の種類の広告を作り、広告をシリーズ化すると言った工夫が必要となります。

これであれば、消費者に十分にアピールすることはできますが、複数の広告を制作する分、コストがかかってしまうのです。

他の広告よりも、訴求内容が限られてしまう上に、コストがかかるのではバンパー広告を活用する意味がありません。

そのため、バンパー広告は、6秒間でアピールが可能な商材の場合や、商品の認知度の向上を目的とする場合など、明確な目的がある場合に利用することが望ましいと言えます。

バンパー広告で効果を得るためには?

バンパー広告は、他の広告とは異なる特殊な広告であるため、通常の広告と同じ感覚で作成しても効果を得ることはできません。

通常の広告では、訴求した商品やサービスの特徴、その商品やサービスを使用することで得られるメリット、他の商品との違い、さらに、企業のイメージや、広告を流す時期の季節感、話題性などあらゆる情報を1本の広告に詰め込んでいます。

しかし、6秒間のバンパー広告ではそれは不可能ですから、まず、広告の目的を明確にし、絞り込むことが必要です。

そして、消費者にどうしても伝えたいメッセージは、短いセンテンスにまとめます。

この際に、注意しなければならないのは、多くを伝えよう、説明しようなどと考えないことです。

6秒間しかないのですから、一つのことしか伝えることはできませんし、そもそも説明することなど不可能なのです。

商品やサービスを深く理解してもらうことはできないのですから、とにかく、商品やサービスを認識してもらうことだけに注力するのが正解です。

バンパー広告では、企業や商品のイメージなどではなく、インパクトを重視し、誰にでも分かりやすいメッセージを伝えることで、最大限の効果を得ることが可能となるのです。

まとめ

YouTubeの広告には様々な種類がありますが、動画の内容に関連のない広告を見せられることに、動画をすぐに見たい視聴者から不満の声が相次いでいました。

そこで開発されたのが、視聴者の邪魔をしないバンパー広告です。

6秒間と言う短い時間であるため、視聴者も我慢して広告を見てくれるのです。

しかし、6秒間と言うのは、有益な情報を伝えるには短すぎ、十分に消費者に訴求することはできません。

そのため、この広告を利用する際には、今回説明したように、商品やサービスを覚えてもらうことだけに集中するのが得策です。

バンパー広告をメインとして考えるのではなく、あくまでも、メインの広告を補う手段として利用するのが賢明と言えるでしょう。

まずは気軽に問合せ