単品リピート通販

Youtube広告にも単品リピート通販のSEO対策が重要!

Youtubeは、世界で最も人気の高い動画共有サイトであり、Googleに続く世界第2位の検索エンジンとも呼ばれています。

マーケティングにおいても、活用している企業も増えているようですが、数多くのユーザーに動画を見てもらうためには、通常のSEOと同様にYoutubeにもSEO対策が必要となります。

そこで今回の記事では、YoutubeSEOについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

YoutubeSEOとは?

Youtubeは、だれでも利用できる動画共有サイトであり、前述のように、世界第2位の検索エンジンでもあります。

そのため、Youtubeに投稿した動画を多くのユーザーに見てもらいたいと考えるのならば、従来のSEOと同じように、YoutubeでもSEO対策が必要となるのです。

また、Youtubeに投稿した動画は、Googleの検索結果にも反映されることがあるため、適切なSEO対策を行うことで、Googleの検索エンジンからのユーザーの流入も見込るのです。

YoutubeSEOを行う際に注意すべきポイント

上記のことから考えると、YoutubeSEOにおいて、最も重要となるのは、ユーザーだけでなく、検索エンジンに投稿した動画を認識し、評価してもらうことです。

そのために、注意しなければならないのが、動画のタイトル、サムネイル画像、説明文の3つのポイントです。

まず、動画のタイトルですが、従来のSEOにおいてもWEBページのタイトルは、検索エンジンにコンテンツを認識してもらうために必須な要素であり、このタイトルの出来によっては、ユーザーのクリック率が大きく変わることもある重要なものです。

これは、YoutubeSEOにおいても同様であり、検索エンジンに動画の内容を理解させ、さらに、ユーザーの興味を惹きつけるために、動画のタイトルはおろそかにしてはいけない非常に重要な役割があるのです。

そのため、動画にタイトルを付ける際には、まず、投稿する動画のターゲット層を明確にし、そのターゲット層の検索ニーズに合ったキーワードをタイトルに含めることが重要です。

そして、さらに、ユーザーが見てみたいと思うような、関心をあおるタイトルを付けることが大切なのです。

ただし、動画の内容と全くあっていないタイトルは、タイトル詐欺と呼ばれ、ユーザーに不信感を与える原因となります。

また、検索エンジンは、動画が再生された時間を重要視する傾向がありますので、途中で視聴をやめてしまう原因になるようなことは控えることが大切です。

次に、サムネイル画像ですが、これは、YoutubeやGoogleの検索結果画面上に表示される画像のことであり、前述のタイトルと同様、ユーザーが最初に目にする重要な要素となります。

視覚的には、タイトルよりもユーザーに強くアピールすることが可能です。

この画像は、自身で設定を行わない場合、自動で作成されますが、ユーザーにアピールするためには、動画の内容を強調できるようなシーンを選び、自身で設定することがおすすめです。

また、先ほどのタイトルと同様、サムネイル画像と動画の内容が全くあっていない場合、ユーザーは不信感を感じ、視聴をやめてしまう原因となりますので注意が必要です。

さらに、動画の説明文にも配慮が必要です。

この説明文は、スマートフォンを利用した場合には表示されませんが、検索エンジンに動画の内容を正しく認識してもらうために重要となる要素です。

タイトルやサムネイルと同様に、動画の内容を適切に記載することが大切です。

また、この説明文は、前半部分だけが表示され、後半部分は折り畳まれ、「もっと見る」をクリックすることで閲覧することが可能となります。

基本的には、ユーザの目に触れるのは前半部分となりますので、動画に関する重要なキーワードは前半部分に記載する必要があります。

また、リンクを設置することで、ユーザーをWEBサイトなどスムースに誘導することが可能となります。

さらに、ハッシュタグの利用も効果的です。動画の内容に関連したキーワードのハッシュタグを記載することにより、リンクとして表示され、同じハッシュタグを利用している検索結果画面に移行することができますので、同様のテーマの動画を視聴しているユーザーに、自身の動画をアピールすることが可能となります。

動画を見てもらうためにはチャンネル登録が大切!

Youtubeには、チャンネル登録と言う機能があり、これに登録してもらうことで、新しい動画を見てもらえる可能性が高くなります。

ユーザーにチャンネル登録をしてもらうために重要なのが、まず、こまめに動画を投稿するという点です。

ユーザーが1つの動画を気に入り、投稿主の他の動画を見ようと思った際に、見る動画がなかったり、全く更新されていないとチャンネル登録してまで追いかけたいとは思ってくれないのです。

次に挙げられるのが、再生リストを作成するという点です。

再生リストは同じテーマの動画を続けて再生することができる機能であり、長い動画の場合、分割して再生リストに設定することで、見てくれるユーザーを飽きさせないことが可能となります。

さらに、その分割した動画を期間を開けて公開していけば、更新頻度を上げることも可能となり、公開を楽しみにしてくれるユーザーがチャンネル登録してくれる可能性も高くなります。

さらに、カードを作成するというのも効果的です。

カードとは、カード型の情報を動画に表示することができる機能で、他の動画や特定のチャンネルへのリンクなどを表示させることができます。

これをうまく利用することができれば、自身の他の動画やチャンネルへユーザーを誘導することが可能であり、チャンネル登録の可能性も高くなります。

まとめ

Youtubeは、個人で楽しむだけでなく、マーケティングにも非常に有効なツールです。

Youtubeユーザーは、年々増加していますし、ユーザーの年齢層も多岐に渡り、的確なターゲティングを行えば、大きな効果が期待できます。

しかし、ユーザーが多いということは、投稿される動画も多いということですので、その中で数多くのユーザーに見てもらうためには、今回説明したようなポイントに注意し、適切なYoutubeSEOを行っていくことが重要となります。

まずは気軽に問合せ