店舗型サブスクリプションビジネスで、チラシ集客を行う際に覚えておきたいこと

ここ数年で耳にすることが多くなった「サブスクリプション」

私たちの生活においても、サブスクリプションサービスが馴染みつつありますよね。

サブスクリプションとは、料金を支払うことで、一定期間サービスを受けることができるビジネスモデルのことで、ユーザーは自身のライフスタイルに合わせて自由にサービスを利用することができます。

企業としても、サブスクリプションビジネスを採用することで、定められた期間は一定金額が支払われますので、売り上げの見通しが立てやすくなりますので、ビジネス戦略が立てやすいのです。

サブスクリプション市場が拡大する当初、音楽や動画などのデジタル商材が主流であったのですが、最近ではアパレル業界や自動車業界、そして店舗を運営している企業もサブスクリプションサービスの提供を始めています。

サブスクリプションビジネスを成功させるためには、まずそのサービスの良さを理解してもらわなければなりません

集客とサービスのPRのため、さまざまな戦略を考えるかと思いますが、店舗型サブスクリプションビジネスを行う場合は「チラシ」もひとつの手段になるでしょう。

そこで今回は、店舗型サブスクリプションビジネスで、チラシ集客を行う際に覚えておきたいことについて、詳しくお話させていただきたいと思います。

店舗型サブスクリプションビジネスでの集客に課題を持たれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

チラシ制作時に覚えておきたいこと

ターゲット層

チラシを制作する際、まずは自社のターゲットユーザーはどのような人なのかどのような人に見てもらいたいのか、ということを考えましょう。

どのような人に向けてのチラシなのか、ということを考えることで、チラシの構成やデザインも異なってきます。

特にサブスクリプションサービスを提供したばかりの店舗であれば、認知度を向上させることも重要ですので、店舗の強みや特色を全面にアピールし、サービスそのものの魅力を伝える構成であるべきです。

キャッチコピー

チラシを目にした人が真っ先に目に入る情報と言えば、「キャッチコピー」です。

さまざまな情報を掲載しているものの、その情報を読んでもらうためには目を惹くようなキャッチコピーが重要です。

キャッチコピーを決める際に重要なことは、共感を呼ぶこと、そしてインパクトがあることであり、見た人の悩みを解決するような自社サービスのメリットを訴える必要があります。

「〇〇に困っていませんか?」などの問いかけも効果的でしょう

デザインとレイアウト

キャッチコピーを目立たせるためには、チラシのデザインとレイアウトに工夫が必要です。

チラシには、料金や店舗の場所、サービスの説明など、さまざまな情報を掲載しますが、これらの情報が色々な場所に掲載されていれば、読んでもらうことはできません。

基本的には、情報を揃えることまとめること分けることを覚えておきましょう。

写真や文字の位置を正しく揃え、それぞれの情報をブロックでまとめ、目立たせたい箇所は色のコントラストを付けていきます。

街中でも優れたポスターには、デザインやレイアウトに関して様々なヒントが隠されていますので、分析することもおすすめします。

配布地域

店舗のリッチとサービス内容に合わせ、配布地域を絞り込みましょう。

もし顧客が徒歩や自転車で来店することが出来る場所であれば、1~3km以内に配布すれば良いですし、車で来店することができるのであれば、そこからさらに範囲を広げても良いでしょう。

もちろん、範囲内すべての家にポスティングする必要はありません。

自社が提供するサービスが家族向けなのか、それとも単身者向けなのかなどの、顧客の特性に応じて対象が多く住むエリアを絞り込みましょう

制作部数

チラシの制作部数に関しては、配布地域と関連付けて考えなければなりませんが、基本的には近所内で配布するのであれば、3千枚~1万枚、そして1~3km以内であれば、2~5万枚程度制作すべきでしょう。

制作部数は、コストに大きな影響を与えますので、制作前にはしっかりと配布地域を絞り込み、シュミレーションを行うことが重要です。

テンプレートの活用

もし、自身でデザインを作ることが難しい場合は、無料でダウンロードすることができるテンプレートを活用してみましょう。

今では様々なテンプレートの種類があり、ワードやエクセル、イラストレーターでも使えるものも多くなっています。

自社に合った使いやすいテンプレートを探し、より良いチラシを制作しましょう。

まとめ

以上、店舗型サブスクリプションビジネスで、チラシ集客を行う際に覚えておきたいことについてお話させていただきました。

チラシで効率良く集客を行うためには、様々な手法を用いることが良いのですが、まずは基本を抑えることが重要です。

できるだけコストを抑え、魅力的なチラシを作ることができれば、大きな集客を見込むことができるでしょう。

店舗型サブスクリプションビジネスが多くなってきている今だからこそ、確実に集客に繋げるためにもぜひ参考になさってくださいね。